人気の葉酸サプリ

最近、雑誌やテレビなどでも、何かと耳にすることが多い葉酸サプリ。妊娠中の女性には欠かせない水溶性のビタミンB郡の一つで、1944年にほうれん草の葉から見つかりました。

葉酸って何?

葉酸はその名前どおり、葉に多く含まれているビタミンで、新陳代謝や細胞分裂が活発となる組織で、体の発育を促してくれるビタミンとなります。
新しい細胞が作られるたびに必要となるビタミンのため、人の体に必須の栄養素となっています。爆発的な細胞分裂を繰り返して成長していく胎児には、必須となるビタミンになります。また、赤血球の生成を助ける造血ビタミンでもあります。

葉酸は神経管欠損症や心臓病の予防効果、または胎児の先天性奇形の予防、肺ガンや子宮頸ガン、貧血予防や母乳の出を良くする効果があるとされています。
葉酸はほうれん草に多く含まれているとされていますが、それ以外にもブロッコリーやキャベツ、枝豆などといった豆類、またはレバーに多く含まれています。

葉酸が体に良いと思い、葉酸のみを摂取してみても、効果は期待できません。ビタミンB6と12、ビタミンCと同時に摂取することで、その効果を発揮するとされています。
また、他のビタミンやミネラルなども関連してきますので、葉酸のみを単独で摂取しても、あまり効果は期待できません。
葉酸以外のビタミンとミネラルを、バランスよく摂取してあげることが大切なのです。

気を付けたいのはビタミンB12の摂取量が少ないケースです。主にレバーや貝、マグロなどといった動物性食品に多く含まれていますが、一般的にはレバーで有名です。
葉酸、またはB12のどちらかが不足していると、悪性貧血を起こしてしまう可能性もあります。どちらもバランスよく摂取したいものです。

一日に必要な葉酸量


一日に必要な葉酸の量は、15歳以上の成人男女だと200マイクログラム、妊婦さんの場合だと400マイクログラムも必要となってきます。
妊婦さんが400マイクログラムの葉酸を摂取しようと思うと、ほうれん草を毎日600グラムも食べなければなりません。

また、葉酸は水溶性ビタミンでもあるため、加熱に弱いとされており、ほうれん草ならゆでることによって、その含有量は半分になるとされています。
ゆでたり、炒めたりすることで火を通すと、野菜自体は摂取しやすくなりますが、肝心の葉酸が摂取できなくなるため、なかなか食事で一日に必要となる葉酸を摂取するのは、難しいとされています。

そのため、葉酸サプリなどを活用して、一日に不足している葉酸を補う方も多いようです。最近では厚生労働省が葉酸を摂取することを推奨しており、サプリメントで代用される方も増えてきました。